教育の概要

教育目標

強い体を作る
戸外での活動を積極的に取り入れ、自然体験の中で得られる「どきどき・わくわく」感を大切にしていきます。 マラソンの活動を通して少しずつ長い距離に挑戦し、達成感を得る、また夏は水遊び・プールで思い切り遊びます。
友だちと仲良く遊ぶ
子どもの世界には子どもなりの社会があります。みんなで遊ぶためにはどうしたらいいか、「相手の気持ちを思いやり、自分の言葉で伝え、自分達で答えを導き出るような子ども」に育って欲しいと思います。 幼児期に友だちと真剣にぶつかり合うことで思春期に人間関係で悩まない子どもに育っていきます。
感謝する心を養う
幼稚園での集団生活の中で先生、友だちの存在を意識し、子ども達は人とのかかわりの楽しさを覚えていきます。 その中で相手を思いやる気持ちや「ありがとう」という感謝の気持ちが育ちます。 また、地域の方との触れ合い活動も積極的に取り入れていきます。

教育の特色

マラソン・乾布摩擦~元気を生み出します


子どもは本来体を動かすことが大好きです。あづま幼稚園のマラソンへの取り組みは無理なく楽しく。 距離を少しずつ伸ばすことで知らず知らずのうちに体力がつき、秋のマラソン大会では保護者の方の応援のもと最後迄走り切ることでの達成感を目指します。 冬には乾布摩擦を取り入れ丈夫な体作りを意識すること、人の話をしっかりと聞き真剣に取り組むことにより礼儀作法も身に付きます。
tokusyoku_06
tokusyoku_08
tokusyoku_10
 

gokan


四季の自然に触れることでのどきどき・わくわく感を大切にします。 暑い時期は「水遊び」「プール遊び」で思い切り遊びます。 寒い時期は園庭でかまくらや雪だるまを作ったり、雪山でそりあそびをしたり、移り変わる自然を感じながらたくさん遊びます。
tokusyoku_19
tokusyoku_18
tokusyoku_16
 

遊びの充実~今日はどんな楽しいことあるのかな?


幼児教育は遊びを通した教育です。昔ながらの伝承遊び「けん玉」「竹馬」「あやとり」も取り入れ、多様な遊びを展開させていきます。FILE_000
 

地域との連携


あづま幼稚園は地域の方々に支えられてたくさんのことに取り組んでいます。 近くの小学校での校長先生や小学生との交流、地域のお祭りへの参加、老人ホームのおじいちゃん・おばあちゃんとの温かい触れ合いなど・・・。 また近くの畑の活動では農家の方と一緒に収穫の喜びを味わい自然の豊かさを実感できる体験を積極的に取入れていきます。 地域の方々、皆さんに見守られ育っています。
FILE_001